高額医療保険大百科

高額医療保険の7大生活疾患病

がん

癌という病気は、身体の細胞が異常を起こした時に起こる病気です。人間の体には60億個の細胞があり、細胞分裂に絶えず生まれ変わっています。身体に溜まる垢は、細胞分裂の結果生じる古い細胞です。

このように、人の細胞は絶えず細胞分裂しているのですが、この細胞分裂が異常を起こし、分裂を以上に繰り返してしまう病気をいいます。この為、癌は細胞分裂の多い部分では、生じやすいとされています。この為、胃癌や大腸がん、子宮癌等はよく耳にしますが、心臓癌という病気はないのです。

心臓は、ほぼ細胞分裂しない器官という事ができ、心臓には癌ができません。ただ、筋肉に腫瘍ができる事が、まれにあります。癌は死亡原因の最も多い疾患であり、肺がんが現在最も発症確率の多い癌で、次いで胃癌、大腸がんとなっています。

少し前まで、癌は死亡確率の高い不治の病とされていましたが、現在は早期の治療で、治す事も可能になってきています。とはいえ、現在でも死亡率の最も高い病気である事に代わりはなく、癌の治療には高額な医療費や、長期の入院が必要となります。また、癌細胞の特徴として転移する危険があり、再発の危険も残っています。

この為、高額医療保険に加入しておき、万が一癌になってしまった際に、困る事のないように対処しておく必要があります。癌保険は、他の保険と異なり、契約したその日から即有効にはなりません。癌保険が適用されるのは、保険に加入してから91日後なので、癌保険は早めに加入検討するようにしましょう。

スポンサードリンク