高額医療保険大百科

高額医療保険の7大生活疾患病

慢性腎不全

腎不全という病気は、腎臓の働きが低下して、正常に機能しなくなった状態を言います。腎不全は、日本の全死因の中でも上位とされる、命に関わる危険な疾患で、その他の生活習慣病である高血圧や糖尿病、また心臓病といった危険とされる病気の原因になりやすいです。

現代の日本では、成人の10人に1人は、何らかの腎疾患を持っているとされ、非常に危険な状態と言えます。腎不全になってしまう原因は、血液から運ばれてくる老廃物をろ過する働きに異常が起きる事が原因で、老廃物が正しく尿中から体外に排泄されず、体内に老廃物や毒素が溜まって、体調に影響を及ぼします。

このように、血中に老廃物が溜まると、老廃物から毒素が出て、疲労感や食欲不振といった症状があらわれてきます。また腎臓の機能が低下しているので、正しく尿が作られずに、血液等が混じる事もあります。

腎不全には、急性腎不全と慢性腎不全があります。腎臓は一度損傷するともとに戻る事がなく、慢性腎不全に一度かかると完治することはありません。この為、一量保険では、腎不全も保障してくれる保険は、保険料が高額になります。

腎不全は完治することはありませんが、適切に処置を行う事で残った器官で、日常生活を無理なく送る事が出来ます。この為、腎不全になって腎臓の一部を摘出した場合は、残った腎臓をこれ以上傷めないように、生活習慣を改める必要があります。急性腎不全の場合は、薬等の副作用である可能性が多く、原因の除去を行う事で、機能を回復する事が出来ます。

スポンサードリンク