高額医療保険大百科

医療保険基礎知識

医療保険とは

高額医療保険や介護保険など、世間には多くの医療保険がありますが、そもそも医療保険とは何でしょうか。医療保険は、病気や怪我をしてしまった時に、病院で治療して貰う際に、発生する医療費を給付して貰う事が出来る保険です。

保険には、誰でもかかる事の出来る健康保険や国民健康保険等の国民皆保険、また共済組合といった社会保険があります。国民保険などでは補いきれない医療費に対し、あらかじめ保険をかけておき、いざという時に適用するのが医療保険です。医療保険は、加入義務はありませんが、任意で生命保険会社に加入を申し込む必要があります。

入院したり手術する際は、医療保険に加入していないと、医療費が高くついてしまいます。以前は、死亡保険にという医療保険に、オプションとしての特約を付ける事で、特殊な場合にも対応できるようにしていました。しかし、特約で入院保障をしている場合、一定の年齢に達すると保障が切れてしまいます。

近年は、高齢化社会の為、保険が切れしまうと困る人が増えるという事で、単品で高額医療保険のがん保険や、単体加入することができる終身保障など、選択の幅が広がっています。

医療保険の中身は、基本的には主契約とされる保障と、入院の日額保障、また手術給付金等です。手術給付金については、入院日額や手術の種類によって給付金が決まる場合もあります。医療保険は、保障内容が厚くなあるほど高額になり、癌などの死亡する危険の高い保険は、基本的に高額な保険料を納める必要があり、万が一の時は、これまで支払っていた保険料をもとに保険を適用して貰う事が出来ます。

スポンサードリンク