高額医療保険大百科

医療保険基礎知識

掛け捨てと払い戻しの違い

医療保険の保険料には、掛け捨てと払い戻しタイプの2種類があります。この2つの違いを知る事は医療保険に加入する際に、非常に重要となり加入時には、検討する必要があります。多くの医療保険は、掛け捨てタイプです。

掛け捨てとは、毎月支払うことになっている保険料が、ケガや病気にならず健康に過ごすことができた時に、ただ毎月支払っていただけで、特に保険えお使用しなくても返金されないものです。

この為、ずっと健康に過ごす事ができた場合に、保険料を損をしたような気分になり、無駄と考えている人もいます。ただ、医療保険というものは病気になる事が前提ではなく、万が一の場合を想定して加入する保険なので、保険料はいざという時に、高額の給付金をしはらって貰う為に必要な事です。

万が一に備えて保険に加入はしたいが、掛け捨てで保険料が無駄になるのは嫌という場合は、解約時に一定金額が払い戻される払い戻しタイプの保険料もあります。また、一定の年齢や保険に加入してから一定期間を健康に過ごすことができると、健康のお祝いとして、祝い金が支払われるタイプもあります。

ただ、医療保険は生命保険と違い、全額が返金されるようなタイプはありません。高額医療保険には、解約払い戻しができたり、健康祝い金が支払われる物もありますが、全額が返金されるという事はありません。医療保険に加入する際は、自分の健康や家族の事を考えて、保険料の安さだけで加入する事のないようにしましょう。

スポンサードリンク