高額医療保険大百科

高度療養費の基礎知識

高度療養費とは

一般的に医療費とは、事故による怪我や病気によって掛かる、診察費や治療費などをまとめて言います。日本には国民皆保険制度によって、医療保険が医療費の70%を負担してくれ、残りの30%は患者自信が負担金として支払うことになっています。

1カ月における医療費が同じ病院や診療所で、80,100円以上し田らっている場合は、それ以上の金額については、手続きによって返金して貰える制度です。高額療養費を利用するには、その時の患者の状況によって異なり、限度額適用認定証交付申請の場合、手続は特に必要ありません。

また、70歳以上の患者の場合、高額療養費については医療費からもともと差し引かれており、病院に請求されるのは自己負担限度額だけです。70歳以上の自己負担限度額は、限度額適用認定証交付申請の手続きを治療前に、あらかじめ手続きしておくと、認定証を掲示する事で窓口の支払いが自己負担限度額だけになります。

事前手続きが出来ない場合は、1度窓口で支払いを済ましていても、払い戻しの申請をおこなう事で、差額分の金額を払い戻しして貰う事が出来ます。この為、限度額適用認定証交付申請の手続きを行う際には、いくら医療費を支払ったか確認しておきましょう。

さらに、高額療養費をしはらう際には、給付されるまでの間の支払いにおいて、無利子で貸付を行って貰える制度もあります。 高額療養費は一定額以上の療養費の支払いを行っている際に、本人が申請することで支給して貰う事ができますが、審査には時間がかかるので、無利子で医療費の貸し付けを行ってもらえる事は、非常に助かります。

スポンサードリンク