高額医療保険大百科

高度療養費の基礎知識

申請方法

高額療養費の支給は、医療費の自己負担金が8万100円を超えてから支給されますが、支給して貰うには自分で申請する必要があります。高額療養費は申請し受理される事で支給され、申請を行わないと受給する事はできず、大きく損する事になります。

そのため、高度療養費制度の内容を理解し、きちんと申請することで、認められている給付分を受け取る事が重要です。医療費が高くつく人は、少なからず日常生活にも支障をきたす事になり、全て自分の負担だけで行う事は困難です。

高額療養費は、治療を受けた月ごと、家族が複数治療を行っている場合は1人ごと、また複数の病院で診察して貰っている場合には各病院ごとに行われています。

高度療養費の申請を行う場合は、高額療養費支給申請書、また健康保険証、そして医療機関の領収書などを提出する必要があります。高額療養費制度の申請を行う先は、国民健康保険に加入している場合、各市区町村の役場にある国保担当窓口で行います。高度療養費では、一定金額以上の高額な医療費を支払っている場合に、一定金額を超えた分を支給して貰う制度なので、自分がいくら医療費を支払ったか証明する為の、領収書を必須となります。

もしも、8万以上の医療費を支払っているのに、領収書をなくしてしまった場合は、医療機関に領収証明を発行して貰う事も出来るので、窓口に問い合わせてみましょう。また、申請期間は医療行為をうけてから2年以内なので、忘れずに申請を行いましょう。

スポンサードリンク