高額医療保険大百科

高度療養費の基礎知識

法定給付と付加給付

保険に加入するのは、万が一の時に困る事のないように、安心を得るために加入します。この為、自分に必要な保険とは何か、自分にあった保険とはどの程度であるかを、はっきりと見極める必要があります。

自分に不要な保険に加入したり、自分に必要である保険に加入していなかったり、自分にあっていない保険に加入して、毎月高額の保険料をしはらっているようでは、保険に加入しているから安心とは言えません。

医療保険は病気になった際に、病気の治療の為に必要となる、入院費や治療費を保障してくれるものです。ただ、医学の発達や医療保険の確保が難しくなっていることから、近年は長期入院よりも、短期入院の傾向にあります。また、個人で加入している保険の他に、公的療養保険や健康保険組合などからも支援して貰える事を考えると、入院費を多く保障して貰う保険よりも、他の部分に力を入れた方がいいと言えます。

入院保険は、健康に過ごした場合は、多くの場合掛け捨てとして、支払ってきた保険料は返還されません。以上からも、入院保険は最低限の保険で十分であると言えます。また、死亡保障については、保険加入者が死んだ際に支払われる保険なので、死亡する確率の低い若い世代の人や、家族を支えているわけではない独身者の場合、高額な死亡保障は必要ないと言えます。

また、癌保険や3大疾病保険といった高額医療保険についても、それらの病気になる確率の低いうちは、あまり必要ないと言えます。しかし、保険は病気になってから加入する事は出来ないので、自分の人生プランを見直し、必要な保険はなんであるか選択する必要があります。

スポンサードリンク