高額医療保険大百科

医療保険の種類

終身保険

終身保険は、生命保険の中では定期保険と並んで多くの人が加入している保険の種類で、一度このタイプの保険に加入しておけば、一生に渡って保障される事になります。最終的に、死亡した場合にも、保険金が支払われます。保険料はほぼ一定で、保障も一生涯ですが、保険料が高い高額医療保険となります。

終身保険の出来る前には、老後の保険として養老保険が一般的でしたが、医療技術の進歩により、平均寿命が延びているので老後前に満了になってしまうようになりました。この為、養老保険が満期になると、その後無保険状態になってしまい保障のない不安な状態になってしますというデメリットがありました。

このデメリットを補う事で、販売されるようになったのが終身保険です。終身保険に若いうちに加入しておくと、最終的に支払う保険料は定期保険より安くなります。また、途中で解約する場合には、解約返戻金が支給される事も、定期保険とは異なります。

若いうちから終身保険に加入して保険料を払い続けていると、60歳になるころでは返戻金がこれまで支払った保険料よりも多くなるというメリットがあります。この為、終身保険は貯蓄型保険とも呼ばれており、一般的には保険内容も手厚い高額医療保険ですが、ある程度保険料を抑える事も出来ます。

ただし、終身保険は、加入してすぐに死亡してしまった場合、支払われる保険金は少なくなってしまうというデメリットはあります。基本的に、終身保険の保障が始まるのは契約してから2年程度となっています。

スポンサードリンク