高額医療保険大百科

医療保険の種類

定期保険

生命保険には、様々な種類の保険のタイプがあり、一般的な保険の種類であるのが定期保険です。定期保険とは、一定の保険期間が定められており、保険の保証期間内であれば、死亡してしまったり、重度の障害状態になってしまった時に保険金が支払われる事になります。

ただし、定期保険は掛け捨てになるので満期金はなく、健康で過ごしても払戻金は貰う事ができません。この為、保険料がもったいないと考える人が多く、終身保険などの長期間にわたって保障がされる医療保険の方が、総合して保険料が安いという事も多くあります。

掛け捨ての定期保険タイプは、結婚して子供のいる家庭が、子供が独立するまでの期間を手厚く保障して貰う事に利用されます。定期保険は払い戻しなどが無い為、保険料が比較的に安く、子供を養っている間は教育費が大きな負担となる事が多く、定期保険という安い保険料で補償してもらう方が、家計に与える影響が少ないいのでるようされる事が多いようです。

また、保険料が安いにも関わらず、いざという時に保障してくれる金額が大きいという事も、掛け捨てでも利用されている利用です。

子供が独立し家計に余裕が出来たら、終身保険に切り替えたりして、保障内容を充実させていくと良いでしょう。いざという時を想定して、手厚い保険に加入しておく事は重要ですが、毎月の保険料の支払いで家計が圧迫されては意味がありません。定期保険に加入し終身保険に切り替える場合は、定期付終身保険等に加入しておく方がいいとも言われています。

スポンサードリンク