高額医療保険大百科

医療保険の種類

養老保険

養老保険とは、生命保険の種類の一つです。以前まで、一般的な生命保険のタイプとして、定期保険と同じように加入者が大勢いましたが、今ではあまり一般的な保険ではありません。

養老保険が主軸となっている時は、平均寿命も今ほど長くなく、養老保険の内容が万一の保障と老後の積み立てであったため、高齢化社会となった現代では、養老保険以降の保険未加入の状態の人が急増してしまい、終身保険に切り替えられました。

こうなると、養老保険は必要ないように感じますが、養老保険の特徴である死亡保険金と満期時保険金が同額であることで、契約途中で死んでしまった場合に、支払われる金額が満期となります。この為、保険料も割高で貯蓄タイプの終身保険よりも高く、逆に死亡保障の保障は少なく、貯蓄重視の保険の方がいいという人は、養老保険がいいでしょう。養老保険の支払い方法には2種類があり、月や年単位で払うものと、一括ではらってしまう物があります。

月や年体で保険料を支払っていると、保険の加入者が死亡した場合に、受取人が保険料を払う必要はなく死亡保険金を受け取る事が出来ます。保険を一括で払う場合は、保険料の免除などのメリットはありませんが、利回りが良いとされています。

養老保険は、どちらの支払い方法で保険料を支払っても、他の生命保険よりも保険料は高いので貯蓄をメインに考する場合に、剥いている医療保険と言えます。保障を重視したい場合は、養老保険に特約をつけて終身保険にしてしまうのがいいとされています。

スポンサードリンク