高額医療保険大百科

医療保険の種類

特約

医療保険でよく聞かれる特約とは、生命保険においてどんな役割があるのでしょうか。特約とは、メインとなる保険の主契約では、補いきれない事に対して、特約をつけて保障内容を充実させるためのオプションのようなものです。

保障を追加する事が主な目的なので、癌特約や三大疾病特約といったものが、一般的な内容となっています。特約は定期保険や終身保険といったメインとなる主契約につけることは出来ますが、単独で特約のみを契約する事はできません。

終身保険の場合、基本的には主契約となる定期保険や養老保険を特約としてつけることも可能です。この場合、定期付終身保険といい定期保険を特約とする方法は、多くの加入者がやっています。ただ、特約というのは、付属させる条件や保障内容は、各生命保険会社によって異なり、自分の加入したい特約がある場合は、他の保険はどうなっているのか、同じ条件でより良い待遇のものがないか、調べる必要があります。

特約の契約期間は、基本的には保険料の払い込みを行う期間や主契約と同じ期間とされます。普通は特約を決めるのは、主契約を決めてからなので、まずは自分のメインとなる保険を考えて、様々な保険会社に保険料の見積もりを算出して貰いましょう。1社で満足する事のないように、最低でも2社以上は比較した方がいいでしょう。

また、成人病特約は、若い時には加入していても必要ないなので、必要な特約と不要な特約を見極め、保険料の無駄が内容に加入する事も重要です。

スポンサードリンク